オフパコ

セフレ募集の方法を覚えて3人のセフレを作る
オフパコ目的じゃないのに、やけにオフパコ警戒されたことがある。
普通にネットで知り合って、趣味が同じだったから、ちょっと顔合わせにどこかでご飯でも食べない?って誘ったんだよね。
別にオフパコしたいとか、そのつもりとか、あわよくばって気持ちは全くなかったの。
ただ、その趣味関係の情報交換できればいいなと思っただけだし、イベントとかにも一緒にいけたら楽しいかなって。
もしかしたら、共通の知り合いもいるかもしれないしさぁ。
だけど、相手がすごいオフパコ警戒してて、まぁ、女の子だからそういう心配するのも当たり前なのかもしれないけど・・・
そんなに嫌なら、会いに来るな!と俺はいいたい。
「男はみんな狼」なんていう人もいるけど、俺、一応、彼女いるし。
手あたり次第、据え膳食わぬは、なんて言葉、過去の遺物だと思ってるよ。
ヤレれば誰でもいいなんて思ってないし、どっちかというと、俺は、そういう雰囲気を楽しみたいタイプで、会ったその日に、とかそういうのムリ。
なのに、相手の女の子・・・ちょっと手が触れただけでも、ビクッと恐怖で顔が引きつるの。
いや、そんなに怖いなら無理して会う必要ないんだけど・・・ってこっちが申し訳なくなってきてさ。
そのくせ、早めに解散しようとすると「もう一杯どこか別の店に行きません?」とか誘ってくるわけ。
ヤラれたいのか、ヤラれたくないのかはっきりしろよと言いたかったね。
まぁ、向こうがオフパコのつもりで来てたとしても、俺はムリだけど(笑)
クリ拷問
クリトリス調教

クリ拷問

舐め犬募集
一度でいいから苦しいほどの快感を味わいたいと思っていた私は、出会い系でクリ拷問を体験させてあげるという男性と知り合いました。彼は少しSなところはあるが、痛がるようなことは決してしないと約束してくれたので、クリ拷問を体験することにしました。駅に迎えに来てくれた男性は、細身でインテリ系の見た目をしています。でも少しだけメガネの奥の眼が笑っていないように見え、怖さも感じます。とりあえず近くのコーヒーショップに入り、休憩することに。話してみると気さくで冗談もたくさん言ってくれる男性で、最初はあちらも緊張していたために怖く見えたようです。打ち解けたところで、彼の運転する車で彼の部屋までドライブしました。

彼の部屋にはクリ拷問をするために用意された、手錠や電マが置いてあります。シンプルできれいに整頓された部屋の中にアダルトグッズが簡易に置かれているので、異様な光景にも見えましたが・・・とりあえず浴室を借りて、体をきれいにします。浴室から出ると彼に下着だけで寝室に来るように促され、下着のままベッドに寝かせられました。そして私の手はベッドの柵に手錠で固定され、そこから逃げられないようにされます。若干の恐怖心とこれから始まるクリ拷問に興奮していると、彼が私の脚を大きく開き下着の上から指で股間をなぞります。やさしい刺激にさえ反応してしまうほど、私の感度は絶好調になっていたと思います。すぐに下着に大きなシミができてしまったようで、それを見て彼が少し笑います。「淫乱な子だね。」という侮辱の言葉ですら、私を刺激します。そして少し動くだけで手錠のせいで痛くなる手首も心地よく感じてしまったほどで、自分がMなのだと実感しました。

JCと援交する
円光をしているJC

JCと援交する

JCと援交する為にアマゾンギフト券のコードを送る
気持ちいいセックスができればこちらからお金を払いたいくらいだわ!なんて女の子が言うのは、エロ漫画の中だけの世界だ。
ましてや、JCが相手だとなおさら。まだ成熟しきっていない体にエクスタシーが訪れるわけがない。痛みや不快感だけだと思う。
だから、JCと援交する場合、相手以上にこちらも割り切らなくてはならない。
・・なんて、想像で書いてみたけれども、JCと援交するわけではない。
援交サイトにずらりと並ぶjcと言うハッシュタグを見て、そんなことを考えてみるわけだ。
別にJCと援交したいわけでもない。
だがしかし、実際に体を合わせて気に入った相手が、実はJCだった・・・と言う場合、自分は倫理を保てるのだろうか?
最初から、JCと分かっていて援交する場合と、知らずに援交する場合では、事が荒立った場合、前者は自業自得ながら、後者はお気の毒としか言いようがない。
そんなわけで、僕はJCを避けて普通の女の子と援交をしている。
今日の相手は21歳のアパレルショップ店員。もっとも、アパレル店員なんてのも結構ありがちなプロフィールなのだが。
やってきたのは、アパレル店員と言うよりも、あばれる君と言った方がしっくりくるがっかり系の子だった。
まあ、こういうことはよくある。当たりもあればハズレもある(ハズレの方が多いが)。
お金を渡して淡々と事務的に行為をこなす。顔はあばれる君だが、肌は結構すべすべでその点は満足だった。
セックスそのものはマグロ漁だったが、それでも性欲は満たされた。僕も満足だし、相手もお金が入って満足だろう。ワリキリとはこういうことだ。
疲れたのかベッドの中で舟をこぎ始めたあばれる君を見ながら、僕は棚にあった安ウイスキーで水割りを作った。
もし、このあばれる君が、実はJCだった・・・と言うオチはどうだろう?彼女の行為が親にばれて、婦女暴行とかで訴えられたりしたら?
JCにしてはブサイクだったので気づきませんでした・・・とでも警察に言おうか。
ぼんやりしていると、彼女が目覚めたようだ。それ、お酒?と聞くので僕が頷くと
「私、まだ、飲めないんだよねえ」と、彼女は言った。
ノンケ喰い
ノンケ狩り

フェラ抜き

出会い系サイトでノンケ食いしてフェラ抜きするのが日課のバイです
ここのところ、彼氏、フェラ抜きしてあげると、そのまま満足しちゃってちゃんとエッチしてくれないんだよね・・・。
もともとフェラ抜きが好きなんであって、セックスが好きなわけじゃない人なのかも。
それで、私もフェラ抜きしないで、ちゃんとエッチしてくれなきゃ嫌って拒否してみるんだけど、頼まれるとかわいそうで断れなくなっちゃうんだよねー。
「お願い、一回でいいから!」なんて頼みこまれると、フェラ抜きくらいどうでもよくなってきちゃって(笑)
彼氏も彼氏でフェラ抜き程度のために土下座しなくたっていいのにね・・・。
そこまで男にとって、いや、彼氏にとってフェラ抜きが大事なら、してあげるのがいいのかなって。
だけど、そうなると、こっちが欲求不満になっちゃうでしょ?
男みたいに、フェラ抜きで満足ってわけにはいかないんだしさ。
クンニされたら、それで満足にはならないし、手マンでイケればそれでいいってわけでもないし。
私はちゃんと置くまでぶっといのを差し込んで欲しいの!
それで、奥まで突いてほしいのね。それを指だけでされても満足できないし・・・。
ちゃんと入れてってお願いしてるのに、フェラ抜きしちゃうと、その後、その気なくなっちゃうみたいで・・・。
彼が気持ちよくなってくれてうれしいのはうれしいけど、そのためだけっていうのは、私も違うと思う。
彼も自分さえよければって考える人じゃないけど、セックスに関してはわりと自分本位だよね。
女に性欲があるってことを信じてないみたい・・・。
バイブ
クリトリス

セックス依存症

性奴隷を募集するならまずオナ電での言葉責めからセフレ化すべし
セックス依存症は、病気なのか?
病気だから仕方ないで、セックス依存症をとらえていいものなのか?
旦那が何度も浮気を繰り返すので、あと一回やったら離婚って申し渡してたのね。
もちろん、慰謝料についても、かなりの額を要求しますよという書類を作成して、夫の署名ももらってる。
だけど、夫、また浮気を繰り返したわけ。
でね。「セックス依存症だから仕方ない」って言い訳をするようになったのね。
どこの精神科医か知らないけど、医者の診断書まで持ってきて、「セックス依存症なんだから、慰謝料の減額を求める」みたいな?
はぁ?って思ったよ。
セックス依存症だから浮気しても仕方ない?
セックス依存症だから慰謝料払わなくていい?
そんな理屈通らないでしょうよ・・・。
そもそも、セックス依存症だったら、結婚する前に相手に伝えるべきじゃない?
結婚する前に、例えば遺伝子関係の病気があるとか、借金があるとか、そういうのって事前に報告するじゃん。
結婚した後で、セックス依存症になりましたーって場合だとしても、過失は向こうにあるんだからさ。
「セックス依存症と診断されたので、浮気を認めるか、慰謝料減額しろ」ってなんの脅し?
セックス依存症を免罪符に使うなと私は言いたいのよ。
セックス依存症で、やめたいけどやめられない。だけど克服したいから妻としてサポートしてくれないかと頭下げられたら、私だって協力するよ。
だけど、セックス依存症だから仕方ないじゃーんって開き直られると、むしろ多めに慰謝料請求してやりたくなるよね。
即エッチ
即ハボ

即ハボ

私はとても好みの女性と知り合いました。出会い系サイトを介して彼女と知り合うことになったのですが、彼女に即ハボしてしまいました。いい感じだったので即ハボしたのですが、彼女にキレられました。彼女は即ハボしたことにキレたのではありません。今でも私は彼女が何に対してキレていたのか理解できずにいます。今でも彼女とは連絡を取っています。前よりはそっけなくなってしまったのですが、かろうじて連絡を取ってくれているような状態です。でも何にキレていたのかは教えてくれないのです。私は彼女と付き合いたいと思っていました。
即ハメ
彼女はセフレを探していたようですが、その気持ちのずれがもしかしたら原因なのかもしれないとも思っています。私たちの相性は初めから良くなかったのかもしれません。私の技術不足もあったのでしょう。彼女はとても経験豊富そうだったので、私に物足りなさを感じたのかもしれません。でも、それは全て私の憶測でしかありません。彼女しかあの時キレた理由を知らないのですから。あの時、彼女をキレさせなければ私は彼女といい関係を続けることができたのかもしれません。あの時よりもそっけなくなってしまった彼女と接する度に、悲しくなります。それまでは本当に良い関係を築けていたからです。それでも私と連絡を取り続けてくれている彼女には本当に感謝してます。それと同時に彼女に対する気持ちは増していくばかりです。気持ちのやり場に困っています。
JCとの援助交際
ホ別2

23歳独身男性会社員のセックスしたい日記

僕は、大学を卒業して新社会人になったばかりの23歳です。
地元も大学からも離れて、この縁もゆかりもない土地で一人暮らしをはじめました。
職場にも少し慣れてはきたけれど、見ず知らずの土地で、僕は寂しくて。
彼女はめんどくさいし、でもセックスしたい…そう思って出会い系サイトを使ってみることにしました。
僕はフツメンで、取り立ててカッコイイわけでもブサイクなわけでもなく、誰かうまいこと連れないかな?とか、可愛い子との出会いはないかななんて思いながら、サイトを見ていました。
やり取りを何人かとして、そのうちの一人と会うところまで話を持っていくことができました。
写メで見たかんじは清楚な可愛い系の女の子という印象で、細身で巨乳なようでした。
正直、セックスしたいです。
でも、いくら出会い系サイトだからって最初に会ったその日から急にセックスだなんて無理かもしれないと思いつつ期待しつつ、待ち合わせに向かいました。
そこに立っていたのは想像よりもかなり可愛い女の子でした。
声も可愛くて、こんなに可愛い子が出会い系サイトを使うんだなと思いましたよ。
この子を好きにヤレるかもしれないって思うと、僕はたまらなくなりました。
いきなりホテルや家に誘うのはやりすぎだと思い、ご飯を食べながらお酒も楽しむことにしました。
最初はお互いのことを話していたのですが、お酒が入っていくにつれて彼女話しどんどん甘えた口調になっていき…胸元のVネックから見える巨乳に僕は釘付けになりました。
お店を出たら、彼女のほうからピッタリくっついてきて、押し付けられた胸はとても柔らかかったです。
彼女のほうからなんと家に行きたいと言ってくれたので、僕の家に行くことにしました。
ホテル代がかからないんてラッキーだったかもしれません。
僕の部屋に着くなり、雪崩れ込んでキスをして、お互い貪り合うようにセックスをしました。
彼女は本当にエロくて、サービス精神旺盛で僕は大満足でした。
僕もそれに応えるように、ガンガンぶち込んであげました。
彼女はとても嬉しそうによがっていました。
こうして、僕にセフレができました。
また会う約束もできたし、他にもセフレが作れないかどうか出会い系サイトを使って探してみたいと思います。

39歳独身サラリーマンの不倫SNS日記

最近の遊び相手の探し場所はもっぱら不倫SNSですね。前は普通の出会い系とかもけっこう利用していたんですけど、
人妻の方がいろいろとリスクは低いかなという結論に達しました。もちろん慰謝料だとかそういう
リスクはありますけど、でも普通の結婚も出来ないような地雷女に出会ってストーキングされたり、
メンヘル女とやってしまって妊娠を告げられたりっていうリスクはないんですよね。
妊娠のリスクがないっていうのが一番嬉しいですね。人妻なんで最悪の最悪は押し付けが出来るじゃないですか。
向こうもそのリスクは承知できている訳ですし。それに子供が出来なくて悩んでいる人や、
もう子育てに疲れている人がほとんどなのでそういう心配がもともとないっていうのもあるんですよね。
妊娠してるんだけどっていわれた時のショックってすごいものがあるんです。女遊びをしていると
やっぱりこれを言われるのが一番怖いですよね。だから不倫SNSでそういう心配のない女っていうのは
なんていうかすごく安心感があるんですよね。
人妻はだいたい性欲が高いんです。まあ年齢のせいと旦那に相手してもらえてないっていうのが
原因でしょうけどね。そういう人妻のことを慰めてあげてるんですからある意味では人助けみたいな
ものなんですよね。日本中の人妻を助けてあげたいて言うのが私の活動指針の一つです。
今日も不倫SNSで困っている人妻を助けてあげるためにメッセージをチェックしなければならないんです。