クリ拷問

舐め犬募集
一度でいいから苦しいほどの快感を味わいたいと思っていた私は、出会い系でクリ拷問を体験させてあげるという男性と知り合いました。彼は少しSなところはあるが、痛がるようなことは決してしないと約束してくれたので、クリ拷問を体験することにしました。駅に迎えに来てくれた男性は、細身でインテリ系の見た目をしています。でも少しだけメガネの奥の眼が笑っていないように見え、怖さも感じます。とりあえず近くのコーヒーショップに入り、休憩することに。話してみると気さくで冗談もたくさん言ってくれる男性で、最初はあちらも緊張していたために怖く見えたようです。打ち解けたところで、彼の運転する車で彼の部屋までドライブしました。

彼の部屋にはクリ拷問をするために用意された、手錠や電マが置いてあります。シンプルできれいに整頓された部屋の中にアダルトグッズが簡易に置かれているので、異様な光景にも見えましたが・・・とりあえず浴室を借りて、体をきれいにします。浴室から出ると彼に下着だけで寝室に来るように促され、下着のままベッドに寝かせられました。そして私の手はベッドの柵に手錠で固定され、そこから逃げられないようにされます。若干の恐怖心とこれから始まるクリ拷問に興奮していると、彼が私の脚を大きく開き下着の上から指で股間をなぞります。やさしい刺激にさえ反応してしまうほど、私の感度は絶好調になっていたと思います。すぐに下着に大きなシミができてしまったようで、それを見て彼が少し笑います。「淫乱な子だね。」という侮辱の言葉ですら、私を刺激します。そして少し動くだけで手錠のせいで痛くなる手首も心地よく感じてしまったほどで、自分がMなのだと実感しました。

JCと援交する
円光をしているJC