カテゴリー別アーカイブ: セックス

セックス依存症

性奴隷を募集するならまずオナ電での言葉責めからセフレ化すべし
セックス依存症は、病気なのか?
病気だから仕方ないで、セックス依存症をとらえていいものなのか?
旦那が何度も浮気を繰り返すので、あと一回やったら離婚って申し渡してたのね。
もちろん、慰謝料についても、かなりの額を要求しますよという書類を作成して、夫の署名ももらってる。
だけど、夫、また浮気を繰り返したわけ。
でね。「セックス依存症だから仕方ない」って言い訳をするようになったのね。
どこの精神科医か知らないけど、医者の診断書まで持ってきて、「セックス依存症なんだから、慰謝料の減額を求める」みたいな?
はぁ?って思ったよ。
セックス依存症だから浮気しても仕方ない?
セックス依存症だから慰謝料払わなくていい?
そんな理屈通らないでしょうよ・・・。
そもそも、セックス依存症だったら、結婚する前に相手に伝えるべきじゃない?
結婚する前に、例えば遺伝子関係の病気があるとか、借金があるとか、そういうのって事前に報告するじゃん。
結婚した後で、セックス依存症になりましたーって場合だとしても、過失は向こうにあるんだからさ。
「セックス依存症と診断されたので、浮気を認めるか、慰謝料減額しろ」ってなんの脅し?
セックス依存症を免罪符に使うなと私は言いたいのよ。
セックス依存症で、やめたいけどやめられない。だけど克服したいから妻としてサポートしてくれないかと頭下げられたら、私だって協力するよ。
だけど、セックス依存症だから仕方ないじゃーんって開き直られると、むしろ多めに慰謝料請求してやりたくなるよね。
即エッチ
即ハボ

即ハボ

私はとても好みの女性と知り合いました。出会い系サイトを介して彼女と知り合うことになったのですが、彼女に即ハボしてしまいました。いい感じだったので即ハボしたのですが、彼女にキレられました。彼女は即ハボしたことにキレたのではありません。今でも私は彼女が何に対してキレていたのか理解できずにいます。今でも彼女とは連絡を取っています。前よりはそっけなくなってしまったのですが、かろうじて連絡を取ってくれているような状態です。でも何にキレていたのかは教えてくれないのです。私は彼女と付き合いたいと思っていました。
即ハメ
彼女はセフレを探していたようですが、その気持ちのずれがもしかしたら原因なのかもしれないとも思っています。私たちの相性は初めから良くなかったのかもしれません。私の技術不足もあったのでしょう。彼女はとても経験豊富そうだったので、私に物足りなさを感じたのかもしれません。でも、それは全て私の憶測でしかありません。彼女しかあの時キレた理由を知らないのですから。あの時、彼女をキレさせなければ私は彼女といい関係を続けることができたのかもしれません。あの時よりもそっけなくなってしまった彼女と接する度に、悲しくなります。それまでは本当に良い関係を築けていたからです。それでも私と連絡を取り続けてくれている彼女には本当に感謝してます。それと同時に彼女に対する気持ちは増していくばかりです。気持ちのやり場に困っています。
JCとの援助交際
ホ別2

23歳独身男性会社員のセックスしたい日記

僕は、大学を卒業して新社会人になったばかりの23歳です。
地元も大学からも離れて、この縁もゆかりもない土地で一人暮らしをはじめました。
職場にも少し慣れてはきたけれど、見ず知らずの土地で、僕は寂しくて。
彼女はめんどくさいし、でもセックスしたい…そう思って出会い系サイトを使ってみることにしました。
僕はフツメンで、取り立ててカッコイイわけでもブサイクなわけでもなく、誰かうまいこと連れないかな?とか、可愛い子との出会いはないかななんて思いながら、サイトを見ていました。
やり取りを何人かとして、そのうちの一人と会うところまで話を持っていくことができました。
写メで見たかんじは清楚な可愛い系の女の子という印象で、細身で巨乳なようでした。
正直、セックスしたいです。
でも、いくら出会い系サイトだからって最初に会ったその日から急にセックスだなんて無理かもしれないと思いつつ期待しつつ、待ち合わせに向かいました。
そこに立っていたのは想像よりもかなり可愛い女の子でした。
声も可愛くて、こんなに可愛い子が出会い系サイトを使うんだなと思いましたよ。
この子を好きにヤレるかもしれないって思うと、僕はたまらなくなりました。
いきなりホテルや家に誘うのはやりすぎだと思い、ご飯を食べながらお酒も楽しむことにしました。
最初はお互いのことを話していたのですが、お酒が入っていくにつれて彼女話しどんどん甘えた口調になっていき…胸元のVネックから見える巨乳に僕は釘付けになりました。
お店を出たら、彼女のほうからピッタリくっついてきて、押し付けられた胸はとても柔らかかったです。
彼女のほうからなんと家に行きたいと言ってくれたので、僕の家に行くことにしました。
ホテル代がかからないんてラッキーだったかもしれません。
僕の部屋に着くなり、雪崩れ込んでキスをして、お互い貪り合うようにセックスをしました。
彼女は本当にエロくて、サービス精神旺盛で僕は大満足でした。
僕もそれに応えるように、ガンガンぶち込んであげました。
彼女はとても嬉しそうによがっていました。
こうして、僕にセフレができました。
また会う約束もできたし、他にもセフレが作れないかどうか出会い系サイトを使って探してみたいと思います。